小径木から突き板へ

小径木から突き板へ

直径が小さな桧や杉の丸太(小径木)を小さな板にしてブロック状に加工したモノを接着集合させて、大きな板状にしたモノの表面を削って、突板に加工した製品です。小さなブロックで構成されているため柾目に色調のバラツキを抑えられます。また小径木や未利用材を部材として有効活動できます。均一性を求められるオフィス空間、公共空間においてのインテリア製品使用を想定しています。

仕様:
基本サイズ 3 × 6、 4 × 8
基材:
ダイライト・軽カル材・ラワン合板・MDF・ガラス
納期:
約1~2週間(お問い合わせください)
繁忙期はそれよりも長い納期が必要になります。
※地域材・忍商材指定の場合は2~3ヵ月必要になります。